メルマガ登録はこちら(無料)【配信日】毎月10日、25日

メルマガ登録

医療・医薬品業界のイベント、セミナーなどの最新情報を定期的にEメールにてお届けします!

UBMグループのヘルスケア関連オンラインメディア

CPhI online  PharmTech  BIoPharm  Medtec Japan  健康メディア.com

ニュース PDF 配信元 更新日
山本会長「きちんとしたルール作りを」‐オプジーボ緊急引き下げ受け
日本薬剤師会


日本薬剤師会の山本信夫会長は17日の定例会見で、高額な抗癌剤「オプジーボ」の薬価を緊急的に50%引き下げることを16日の中央社会保険医療協議会が了承したことについて言及。今後は「きちんとしたルール作りをすべき」との考えを示した。
<薬事日報 2016.11/25> http://www.yakuji.co.jp/
 
- - 2016年12月10日
新薬回帰路線へ‐20年までに20製品以上上市
サノフィ


7月に就任したサノフィ日本法人のジャック・ナトン社長は、16日に都内で記者会見し、「2020年までに20製品以上の新薬を上市したい」と抱負を述べ、専門医を対象とした新薬で成長回帰を目指す方針を語った。
<薬事日報 2016.11/15> http://www.yakuji.co.jp/
- - 2016年12月10日
残薬調整が大幅に向上‐院外処方箋の項目を変更
日立製作所ひたちなか総合病院


日立製作所ひたちなか総合病院では2014年から検査値などを公開した上で、院内処方箋における7項目についてプロトコルの運用を開始した。このうち残薬調整の使用率が7%弱と低かったため今年4月、処方箋様式の残薬調整の項目を変更。
残薬調整した場合の薬局側の対応等を導入した。
<薬事日報 2016.11/25> http://www.yakuji.co.jp/
- - 2016年12月10日
製販後調査に1000億円‐膨大な資金投入実態が判明、データベース活用へ省令改正
日本薬剤疫学会学術総会


日本の製薬会社が製造販売後調査に投じる費用は年間約1000億円に達する――。
武田薬品メディカルアフェアーズ部の廣居伸蔵氏は独自の試算による推定値を発表した。
<薬事日報 2016.11/25> http://www.yakuji.co.jp/
- - 2016年12月10日
バイオシミラーは9億円‐減収大幅減益と厳しく
日本化薬


日本化薬の2017年3月期第2四半期決算で医薬事業は、薬価改定の影響でジェネリック抗癌剤が振るわず、減収大幅減益となった。
売上高は、前年同期比3.7%減の239億円。ジェネリック抗癌剤は、主力のパクリタキセルやカルボプラチンが売上を落とし、8.9%減の100億円と苦戦した。
<薬事日報 2016.11/14> http://www.yakuji.co.jp/
- - 2016年12月10日
“まちづくり”からデジタルヘルスへ‐製薬企業が多職種つなぐ
エーザイ


エーザイは、ICTを活用したデジタルヘルス・ソリューションを通じて、地域における医療や介護の課題解決に向けて、多職種連携をサポートするサービス開発に本腰を入れる。
<薬事日報 2016.11/14> http://www.yakuji.co.jp/
- - 2016年12月10日
AIで精神疾患診断‐18年度までに実用化
フロンテオ


独自の人工知能技術「KIBIT」を持つITベンチャーのFRONTEO(フロンテオ)は、日本医療研究開発機構(AMED)が実施する公募事業で、フロンテオが実施機関の一つとして開発中の精神疾患の診断補助システムについて、医療機器としての国内申請を視野に2018年度までに製品化させる予定だ。
- <薬事日報 2016.10/24> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年11月6日
厚労省「PeOPLe」‐既往歴、服薬歴を一元管理、国民の医療データ統合へ
厚生労働省


厚生労働省は、健康な時から病気や介護が必要な状態になるまでの国民の基本的な保健医療データを統合した情報基盤「PeOPLe(ピープル)」を整備し、2020年度を目標に段階的に運用を開始し、25年度までに本格運用をスタートさせる予定。
- <薬事日報 2016.10/19> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年11月6日
【第49回日薬学術大会ハイライト】電子カルテ閲覧で医療の質向上
‐名古屋医療センターと近隣薬局


国立病院機構名古屋医療センターの電子カルテ情報を地域の薬局薬剤師が閲覧し、その情報を医療の質の向上に役立てた事例が、分科会「電子カルテの閲覧による調剤の質の向上と薬剤師」で報告された。
- <薬事日報 2016.10/19> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年11月6日
かかりつけ薬剤師啓発へ‐一般向け動画を作成・公開
日本薬剤師会、くすりの適正使用協議会


日本薬剤師会とくすりの適正使用協議会(RAD-AR)は、患者や市民に対し、かかりつけ薬剤師の職能を啓発するための動画を作成し、13日に公開した。
 
- <薬事日報 2016.10/19> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年11月6日
ドイツの特許データ活用可‐知財協力で3カ国と覚書
特許庁


特許庁は、ドイツの特許や実用新案等の公報データを活用できるようにすることなど、世界各国と知的財産分野の国際協力を進めることで合意した。
- <薬事日報 2016.10/14> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年11月6日
SNAP23、インスリン分泌阻害‐糖尿病治療薬開発に新展開
大阪大学、北海道大学


大阪大学の國井政孝助教、原田彰宏教授、北海道大学の根本知己教授らの研究グループは、マウス生体内でホルモンの放出を調節する蛋白質SNAP23が、膵臓ランゲルハンス島のβ細胞からのインスリン分泌を阻害していることを明かにした。
- <薬事日報 2016.10/12> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年11月6日
特許切れ薬市場トップに‐“タケダ流通”に一本化
武田テバファーマ


イスラエルのテバ・ファーマシューティカルと武田薬品の国内合弁会社で、1日付でテバ製薬から社名変更した武田テバファーマは、国内ジェネリック薬(GE薬)の業界再編が起こる2020年以降に長期収載品とGE薬の特許期間が満了した医薬品市場でトップ企業を目指す。
- <薬事日報 2016.10/12> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年11月6日
細胞治療薬「マルチステム」19年秋の承認目指す
ヘリオス


国内再生医療ベンチャーのヘリオスは、米アサーシスから導入した急性脳梗塞適応の体性幹細胞医薬品「マルチステム」の国内第II/III相試験を開始し、2019年秋の承認を目指す。
- <薬事日報 2016.10/12> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年10月25日
【ヘルスケアIT 2017】に『予防・未病ゾーン』の新設が決定

2017年4月19日から21日まで東京ビッグサイトにて開催される予防から医薬品、医療までを支えるITが集結する『ヘルスケアIT 2017』に
予防、未病に役立つアプリケーション、ITを活用した製品、サービスを紹介するための「予防・未病ゾーン」の設置が決定し、出展企業の募集を開始した。

URL: http://www.healthcarejapan.com/  
問い合わせ先:ヘルスケアIT運営事務局 promotion@healthcarejapan.com 
- 運営事務局 2016年10月8日
自社創製品、FDAから相次いで「画期的治療薬」アレセンサ、アクテムラが指定
中外製薬


中外製薬の自社創製品が相次いで、米FDAから画期的治療薬(ブレークスルー・セラピー)に指定された。ALK阻害剤「アレセンサ」がALK陽性非小細胞肺癌(NSCLC)患者の一次治療、抗IL-6抗体「アクテムラ/ロアクテムラ」が巨細胞性動脈炎(GCA)で指定を取得した。中外創製品としては、FDAから3品目5回目の指定となる。
 
- <薬事日報 2016.10/7> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年10月8日
てんかん支援アプリ提供開始‐発作など緊急時SOS機能搭載
エーザイ


エーザイは、てんかん患者とその家族が安心して生活できるよう、服薬や発作の記録機能に加え、てんかん支援アプリとして初めて発作など緊急時に利用できるSOS機能とコミュニケーション機能を搭載したスマートフォン・アプリ「EMILY(エミリー)」を国内で提供開始した。
 
- <薬事日報 2016.10/3> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年10月8日
IFPWロンドン総会を振り返って
‐Evolutions and Visions in Healthcare Delivery(ヘルスケアサービスの発展と将来展望)


インターネット環境が整ったことで、関係者全てがつながりモバイルヘルスが可能になった。既に多くの先進的アプリが使われている現状が報告され、「大きな改革が起きるだろう。新しいテクノロジーは、新たなチャンスを創造する」と強調した。
 
- <薬事日報 2016.10/3> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年10月8日
20年度までに売上高50億円‐BS数品目を国内申請・上市へ
ジーンテクノサイエンス


ジーンテクノサイエンスは、バイオシミラー(BS)に関して、各疾患領域に強い国内企業と提携し、それらを実用化することでベンチャーとしての収益基盤を築く方針だ。
 
- <薬事日報 2016.9/28> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年10月8日
国内未承認抗癌剤、延べ50剤‐32剤が薬剤費月100万円以上
国立がんセンター


国立がん研究センターは23日、欧米先進国既承認、日本未承認の抗癌剤が7月4日時点で、延べ50剤(44薬剤50適応)に上ったことを明らかにした。
 
- <薬事日報 2016.9/28> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年10月8日
多発性骨髄腫治療薬「ニンラーロ」、欧CHMPが承認推奨
武田薬品


武田薬品は、大型化を見込む再発・難治性の多発性骨髄腫治療薬として欧州承認申請中の新規経口プロテアソーム阻害剤「ニンラーロ」(一般名:イキサゾミブ)について、欧州医薬品庁の欧州医薬品評価委員会から前治療歴のある多発性骨髄腫に対して条件つき承認を推奨する肯定的見解が示されたと発表した。
 
- <薬事日報 2016.9/26> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年10月8日
クローン病で医師治験開始‐糖脂質の免疫修飾薬を投与
慶應義塾大学医学部、国立精神・神経医療研究センター


慶應義塾大学医学部と国立精神・神経医療研究センターのグループは、今月からクローン病治療薬「OCH-NCNP1」の医師主導治験を開始した。
 
- <薬事日報 2016.9/26> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年10月8日
デジタルヘルスに本格参入‐異業種と連携、新市場開拓へ
武田薬品


武田薬品は、IT技術を活用して健康や医療分野で新産業を生み出す「デジタルヘルス」にオープンイノベーション等を通じて本格参入する。
 
- <薬事日報 2016.9/26> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年10月8日
ネスプのバイオシミラー、国内第III相試験を開始
三和化学研究所、ジーンテクノサイエンス


三和化学研究所とジーンテクノサイエンスは、腎性貧血治療薬「ダルベポエチンアルファ」(先行品:ネスプ)のバイオシミラーに関する国内第III相試験を開始した。
 
- <薬事日報 2016.9/21> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年10月8日
ヘルスケア発展に貢献を‐世界共通の課題を総合討論
国際医薬品卸連盟・第21回総会


国際医薬品卸連盟(IFPW)の第21回総会が15、16の両日、英国ロンドン市内で開催された。今回のテーマは、「ヘルスケアサービスの発展と将来展望」(Evolutions and Visions in Healthcare Delivery」で、医薬品卸に限らず医薬品メーカー、医療、薬局、小売も含めた世界的な現状と課題、将来の姿を探った。
 
- <薬事日報 2016.9/16> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年10月8日
抗PD-1抗体「オプジーボ」、腎細胞癌の適応取得
小野薬品


小野薬品は、抗PD-1抗体「オプジーボ点滴静注20mg・同100mg」(一般名:ニボルマブ)について、国内で根治切除不能・転移性の腎細胞癌の適応追加承認を取得した。
 
- <薬事日報 2016.9/14> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年10月8日
抗血小板薬「プレタール」、IoT対応の服薬支援容器を開発
大塚製薬、NEC


大塚製薬とNECは、脳梗塞再発抑制薬の抗血小板剤「プレタール」(一般名:シロスタゾール)について、あらゆるモノがインターネットにつながる「モノのインターネット化」(IoT)に対応した服薬支援容器の共同開発に合意した。
 
- <薬事日報 2016.9/14> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年10月8日
厚労省老健局・三浦課長「地域包括ケアの一翼を」‐かかりつけ、健サポなどで-
第67回東北薬剤師会連合大会


新設された「かかりつけ薬剤師指導料」や、厚労省の「患者のための薬局ビジョン」「健康サポート薬局」で示されている取り組みなどを通して、「地域包括ケアの一翼を担ってもらいたい」と強調した。
 
- <薬事日報 2016.9/14> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年10月8日
デング熱ワクチン、国際共同第III相スタート
武田薬品

武田薬品は、4価弱毒生デング熱ワクチン「TAK-003」の国際共同第III相試験「TIDES試験」を開始したと発表した。
 
- <薬事日報 2016.9/12> http://www.yakuji.co.jp/ 2016年10月8日
ファーマナビの情報サイトを再オープンしました。 - 運営事務局 2016年10月6日

Supported by

CPhI Japan 国際医薬品原料・中間体展ICSE Japan 製薬業界受託サービスエキスポP-MEC Japan 医薬品原料 機器・装置展BioPh Japan バイオファーマジャパンInnoPack Japan DDS・医薬品包装展

MEDTEC JapanElectro Med Japan 医療用エレクトロニクス展Smart Health Japan 医療・ICT・在宅医療展Test Kit Japan 検査キット完成品&開発展Care ・Welfare Robot Expo Japan 介護・福祉ロボット開発展Health Care IT ヘルスケアIT

運営会社

UBMジャパン

<広告掲載など各種お問い合わせ先>

UBMジャパン株式会社
東京都千代田区鍛冶町1-8-3 神田91ビル2F TEL:03-5296-1020 Email: pharma-navi@cphijapan.com

<運営会社(UBMジャパン)について>
英国・ロンドンに本社を持ち、世界各国で業界誌の出版、オンラインメディア、トレードショーの企画・主催をするメディア企業です。
健康・機能性食品からコスメティクス、介護、医薬品、医療機器などのヘルスケア分野において国内外で幅広く事業を展開しています。
コーポレートサイトはこちら