メルマガ登録

医療・医薬品業界のイベント、セミナーなどの最新情報を定期的にEメールにてお届けします!

UBMグループのヘルスケア関連オンラインメディア

CPhI online  PharmTech  BIoPharm  ヘルスケアIT  健康メディア.com

サイト内記事検索

過去の記事一覧を見る

製薬・医療業界ニュース PDF
地域包括ケア市場を開拓‐エーザイの基盤を活用
日医工

日医工の田村友一社長は3月29日、都内で記者会見し、エーザイ子会社でジェネリック医薬品(GE薬)を手掛ける「エルメッドエーザイ」の買収など一連のエーザイとの戦略的提携について、「他のGE薬メーカーとは異なる地域包括ケアシステムへのアプローチが可能となる」と強調。事業規模の拡大によるコスト競争力に加え、各地域で疾患ごとの医療ニーズへの対応を目指したエーザイのサービスプ
ラットフォーム「領域エコシステム」に、日医工がパートナーとして参画することで、地域医療推進法人や健康サポート薬局など地域包括ケアの中核となるステークホルダーへの対応を強化していく考えだ。
<薬事日報 2018.4.4>
 
2018年4月4日
-
【海外ニュース】
FDA、AstraZenecaの白血病の生物学的製剤に対する優先審査を承認


当局は、アストラゼネカの治験用白血病薬候補の生物学的ライセンス申請を受け入れ、優先審査を受けました。
AstraZenecaとMedImmuneは、毛様細胞性白血病(HCL)治療の可能性のある新薬であるmoxetumomab pasudotoxについて、FDAが生物製剤免許申請(BLA)を受け入れたと発表しました。
代理店はまた、2018年の第3四半期に処方薬使用者手数料法の日付が設定されたBLA優先審査ステータスを付与した。
<PharmTech 2018.4.3>
2018年4月3日
-
AI活用で治験効率化‐計画立案時の情報収集時間、70%短縮を実現
田辺三菱製薬、日立製作所

田辺三菱製薬と日立製作所は、新薬開発で人工知能(AI)を活用し、臨床試験の効率化に向けた連携を開始する。両社は、臨床試験全般の幅広い業務で、日立のAIなど先進的なデジタル技術を用いて臨床試験の最適なデザイン設計に役立て、新薬開発の期間短縮と開発コスト削減、成功確率の向上を目指す。
<薬事日報 2018.3.30>
 
2018年3月30日
-
経産省・江崎統括調整官、生活習慣病等の医療費削減「早期発見、予防が基本」
‐生涯現役で社会の再構築を

経済産業省の江崎禎英商務・サービス政策統括調整官は26日、金沢市内で開かれた日本薬学会第138年会で講演し、今後の健康医療システムの方向性に言及。
大きな社会問題となっている生活習慣病、老化の増加は「新薬が作りにくい領域」と指摘した上で、「早期発見、予防を基本とするサービスが必要」と強調。
これからのメインプレイヤーに栄養士を挙げつつ、薬剤師の役割強化やセルフメディケーションの推進を列挙し、切れ目ない予防対策、地域資源の活用等によって生涯現役を前提とした社会経済システムの再構築が必要と訴えた。
<薬事日報 2018.3.30>
2018年3月30日
-
【海外ニュース】
GSK、ノバルティスのOTCビジネスシェアを買収


グラクソスミスクライン(GSK)は2018年3月27日、ノバルティスが保有するコンシューマー・ヘルスケア合弁事業の持分36.5%を130億ドルで買収すると発表した。
ノバルティス・オブ・ザ・カウンター事業とGSKコンシューマー・ヘルスケア事業の組み合わせを含む合弁事業は、2014年にGSK株主の承認を受けました。
<PharmTech 2018.3.28>
2018年3月28日
-
トラスツズマブ「NK」承認‐抗体医薬BSでは2製品目
日本化薬
日本化薬は、抗HER2抗体「トラスツズマブ」(先発品名:ハーセプチン)のバイオシミラー(BS)「トラスツズマブBS点滴静注用60mg『NK』・同150mg『NK』」について、HER2過剰発現が確認された治癒切除不能な進行・再発胃癌の適応で国
内承認を取得した。
同剤は、2014年に上市した関節リウマチ治療薬「インフリキシマブBS点滴静注用100mg『NK』」(先発品名:レミケード)に続く、日本化薬の2製品目のモノクロナール抗体BSとなる。
<薬事日報 2018.3.28>
2018年3月28日
-
初の細胞治療薬‐クローン病適応で欧州承認
武田薬品

武田薬品は、1月に買収を発表したベルギーのティージェニクスと共同開発中のクローン病に伴う肛囲複雑瘻孔治療薬「アロフィセル」(一般名:ダルバドストロセル、開発コード:Cx601)について、欧州EMAから非活動期/軽度のクローン病治療薬として承認を取得したと発表した。同社にとっては細胞治療薬の事業化第1号で、今後数カ月間で販売する予定。同種異系脂肪由来幹細胞懸濁剤が欧州で承認されるのも初になる。
<薬事日報 2018.3.28>
2018年3月28日
-
バーチャル治験に本腰‐通院せず自宅から参加可能
ノバルティス

スイスのノバルティスは、被験者が医療機関に通院せずに、自宅からでも治験に参加可能な「バーチャル治験」の導入に取り組む。分散型治験をリードするソフトウェア企業「サイエンス37」が独占的所有権を持つ技術を利用し、今年後半には米国で皮膚科、神経科学、癌の領域に関する治験を開始する。今後3年間で最大10件のバーチャル治験モデルを実施することを目指す。
<薬事日報 2018.3.26>
2018年3月26日
-
世界初の再生・細胞医薬製造プラント竣工
大日本住友製薬

大日本住友製薬は1日、大阪府吹田市の総合研究所内に建設を進めてきた再生・細胞医薬製造プラントが同日、竣工したと発表した。他家iPS細胞由来の再生・細胞医薬品専用の商業用製造施設としては世界で初めて。
プラント名は、Sumitomo Dainippon Manufacturing Plant for Regenerative Medicine & Cell Therapy(通称SMaRT)
<薬事日報 2018.3.5>
 
2018年3月21日
-
【海外ニュース】
新しい抗体医薬品結合剤(MI)であるMI130004の結果を発表


海洋由来抗腫瘍薬の発見に特化した製薬会社であるPharmaMarは、トラスツズマブと海洋起源の分子であるPM050489を組み合わせた新しい抗体医薬品結合剤(MI)であるMI130004の結果を発表しました。
抗腫瘍活性は、インビトロおよびインビボの両方の試験においてHER2の異なるレベルを発現する乳癌、卵巣癌および胃癌腫瘍細胞系において分析されたと同社は述べている。
http://www.pharmtech.com/marine-sourced-adc-shows-anti-cancer-activity

<PharmTech 2018.2.28>
2018年3月3日
-
癌解析ソフトウェア企業を傘下に‐総額19億ドル、個別医療を推進
スイス・ロシュ

スイスのロシュは、癌患者データ解析に特化したソフトウェア大手の米フラットアイアン・ヘルスを19億ドル(約2000億円)で買収すると発表した。6月までに手続きを終える予定。ロシュは個々の癌患者の遺伝子の違いに基づき、最適な治療薬を提供する個別医療を推進しているが、癌専門病院や研究機関とのネットワークを持ち、癌患者データの収集から解析までのプラットフォームを有
するフラットアイアンを獲得することで、革新的な治療薬開発を目指す。
<薬事日報 2018.3.2> 
2018年3月2日
-
ワクチンで1000億円目標‐海外の臨床開発成否がカギ
田辺三菱製薬

田辺三菱製薬取締役常務執行役員育薬本部長の村上誠一氏は23日、大阪市内で開いた記者懇談会で同社が注力するワクチン事業の将来像を示し、2030年頃には「1000億円以上の売上高を達成したい」と語った。目標達成のカギを握るのは、海外で第III相臨床試験段階にあるインフルエンザワクチンの成否だ。今春に試験を終え、今年夏ごろにはその結果がまとまる見通し。
<薬事日報 2018.2.28> 
2018年2月28日
-
抗うつ剤を網羅的に比較‐過去の臨床試験データを統合
京都大学研究グループ

京都大学とオックスフォード大学准教授らの研究グループは、これまで行われてきた第1、第2世代の抗うつ剤同士で効き目と副作用を直接比較した522の臨床試験結果を集め、統計的に処理することで、21種の薬剤の特徴を網羅的に比較・評価した。その結果、アミトリプチリンやエスシタロプラムなど8種の抗うつ剤は特に効果が強いこと、エスシタロプラムを含む6種の薬剤は比較的副作用が起こりづらいことが分かった。
<薬事日報 2018.2.28> 
2018年2月28日
-
予防への挑戦が大きな課題‐加藤厚労相「取り組みが医療保険に影響」
医療政策サミット2018

加藤勝信厚生労働相は、24日に都内で開催された「医療政策サミット2018」で講演し、国民の健康長寿を実現するためには、予防や未病の分野に挑戦していくことが大きな課題との考えを示した。予防の分野は医療保険で全てをカバーできているわけではなく、予防の領域も広範であることから、「誰がどういう形で担うかを議論する必要がある」と問題意識を示し、医療関係者に対して必要な研究・
分析を進め、世界の目標となる保健医療を持つ国を実現できるよう協力を求めた。
<薬事日報 2018.2.28>
 
2018年2月28日
-
他社との戦略的提携推進‐非臨床・臨床で能動的関与
ペプチドリーム

ペプチドリームは、特殊環状ペプチドの創薬探索技術(PDPS)で創出した医薬品候補に関し、世界有数の技術を持つ企業と手を組み、動物試験や臨床試験にも関与する戦略的提携を推進していく。
戦略的提携による他社との共同開発では、動物試験以降も同社が技術や資金を提供し、間接的ではあるが関与していく構え。
<薬事日報 2018.2.26> 
2018年2月26日
-
メルマガ登録はこちら(無料)【配信日】毎月5日、15日、25日

Supported by

CPhI Japan 国際医薬品原料・中間体展ICSE Japan 製薬業界受託サービスエキスポP-MEC Japan 医薬品原料 機器・装置展BioPh Japan バイオファーマジャパンInnoPack Japan DDS・医薬品包装展

MEDTEC JapanElectro Med Japan 医療用エレクトロニクス展Smart Health Japan 医療・ICT・在宅医療展Test Kit Japan 検査キット完成品&開発展Care ・Welfare Robot Expo Japan 介護・福祉ロボット開発展Health Care IT ヘルスケアIT

運営会社

UBMジャパン

<広告掲載など各種お問い合わせ先>

UBMジャパン株式会社
東京都千代田区鍛冶町1-8-3 神田91ビル2F TEL:03-5296-1020 Email: pharma-navi@cphijapan.com

<運営会社(UBMジャパン)について>
英国・ロンドンに本社を持ち、世界各国で業界誌の出版、オンラインメディア、トレードショーの企画・主催をするメディア企業です。
健康・機能性食品からコスメティクス、介護、医薬品、医療機器などのヘルスケア分野において国内外で幅広く事業を展開しています。
コーポレートサイトはこちら