NEX Japan 2021

 

第1回開催決定!生薬、漢方の原料調達から機器・装置まで国内外の業界の

ネットワークを構築するための専門イベント

 継続的な市場拡大を見せる天然抽出物や漢方素材などの天然素材市場においても、低分子医薬品同様、原料の品質管理と安定供給が大きな課題となっています。市場の更なるナチュラル志向は、西洋市場での漢方素材の需要を高めるとともに、製薬会社によるニュートラシューティカルズやコスメシューティカルの製品の開発にも世界的に拍車をかけており、新たなサプライヤーの確保はメーカーにとっての大きな課題となっています。
 生薬・漢方原料の産地として重要な役割を担う中国との幅広いネットワークを活かすことを含め、本展を通じて生薬・漢方の安定的な原料調達、新薬、新素材の開発をサポート致します。

 

出展品目例

植物抽出物、漢方薬原料、薬用植物、食物繊維、動物性抽出物、ハーブ/ハーブエキス、ヘルス・栄養食品原料、ニュートリシューティカル用機能性素材、化粧品・美容原材料、その他 天然素材一般

 

来場対象者

漢方製剤、生薬関連の医薬品および医薬部外品等の研究、開発、製造、調達部門

 

 

 

【天然素材】2020年 の売上は2,700億円に拡大予測

医薬・食品・化粧品製品における使用量
※国内天然素材 (トップ 50 品目)を使用した医薬品・医薬部外品・機能性素材(食品・化粧品)


【漢方薬】国内市場 1,970億円

80%の漢方原料を中国から輸入

日本における漢方薬の実績
再び注目を集める漢方・生薬

日本において1,500年以上の歴史を持つ漢方薬は、伝統的に日本人の日常生活で使用されてきました。また、多くのOTC医薬品においても生薬成分が使用されており、今日では西洋医学では解決できない病気が増えている中、人間が持つ自然治癒力を高めるという特徴が注目されており、漢方が多くの人に利用されるようになってきています。

需要の拡大には安定供給が必須課題
薬物植物の栽培にも注目

近年漢方製剤の日本での処方販売額は着実に増えている一方で、ものによってはレアアース化している品目もあり、その安定供給が課題となっています。 こういいた中、新たなサプライヤーの確保が急務となるとともに、多くの日本のメーカーが、薬用植物の自社栽培のための研究を展開しています。

 

インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社
(2020年4月、UBMジャパンより社名変更)
Email: promotion@cphijapan.com
TEL:03-5296-1020