NEX 天然素材・抽出物ゾーン

CPhI Japan 2019に、製薬業界向けの天然素材・抽出物そして漢方製剤原料の特別ゾーンが誕生します!

安定的な供給量や品質保証の確保、そして価格安定を可能にする新たなサプライヤーを求めて

継続的な市場拡大を見せる天然抽出物や漢方素材などの天然素材市場においても、低分子医薬品同様、原料の品質管理と安定供給が大きな課題となっています。市場の更なるナチュラル志向は、西洋市場での漢方素材の需要を高めるとともに、製薬会社によるニュートラシューティカルズやコスメシューティカルの製品の開発にも世界的に拍車をかけており、新たなサプライヤーの確保はメーカーにとっての大きな課題となっています。CPhI Japanでは、2019年、このマーケットニーズに対応すべく、製薬メーカーに向けその天然素材・抽出物&漢方製剤の原料・素材のプロモーションを展開したい原料メーカーやディストリビューターが出展する新たなゾーンを設置します。

<出展対象品目>

・植物抽出物 

・漢方薬原料 

・薬用植物 

・食物繊維 

・動物性抽出物

・ハーブ/ハーブエキス

・ヘルス・栄養食品原料

・ニュートリシューティカル用機能性素材

・化粧品・美容原材料

・その他 天然素材一般

注目のセミナー - U-3 NEXセミナー(天然素材・抽出物)

●日時: 3月20日(水) 13:00 - 14:00

●会場: 会議棟6F 605

●定員: 200 名 

●お申込み:聴講無料・事前登録制


国内における薬用作物の概況

日本漢方生薬製剤協会 生薬委員会 生薬国内生産検討班 班長
小柳 裕和 氏


漢方製剤等の需要の高まりに伴い、原料生薬の使用量の増加が見込まれるなか、日本国内における薬用作物の栽培推進が重要な課題であります。栽培拡大のために、薬用作物を栽培する皆様やその支援を続ける行政および農事組合等を対象とした説明会を開催してきた活動の内容と原料調達の現状を理解していただきたい。

 

天然由来の機能性成分・素材市場

国内天然素材市場

約2,300億円

国内天然素材 (トップ 50 品目)を使用した医薬品・医薬部外品・機能性素材(食品・化粧品)の2020年 の売上は、2,700億円に拡大予測!

NEX 天然素材・抽出物ゾーンは、製薬業界はもちろん、UBM社の主催する健康、食品、ビューティー産業の展示会データベースも活用し、天然素材を使用する主要産業に向けたプロモーションを展開。出展社のターゲットに合致したバイヤー誘致を図ります。

天然素材市場 ~ 医薬・食品・ビューティー製品における使用量

国内漢方薬市場

日本の漢方薬市場

1,970億円

80%80%の漢方原料が中国からの輸入!

日本における漢方薬の実績

日本において1500年以上の歴史を持つ漢方薬は、伝統的に日本人の日常生活で使用されてきました。また、多くのOTC医薬品においても生薬成分が使用されています。

需要の拡大には安定供給が必須課題
薬物植物の栽培にも注目

近年漢方製剤の日本での処方販売額は着実に増えている一方で、ものによってはレアアース化している品目もあり、その安定供給が課題となっています。 こういいた中、新たなサプライヤーの確保が急務となるとともに、多くの日本のメーカーが、薬用植物の自社栽培のための研究を展開しています。

<出展・来場に関するお問い合わせ>
UBMジャパン株式会社
〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町1-8-3 神田91ビル
TEL : 03-5296-1020
FAX : 03-5296-1018
Email: visitor@cphijapan.com