国際医薬品開発展2020

CPhI Japan 大阪 出展資料

 


CPhI Japanを含む7つのテーマイベント『国際医薬品開発展』の2020年開催は大阪に決定

革新的な新薬の開発、ジェネリック医薬品の安定供給など製薬業界関係者必見の技術、製品が国内外から一堂に集結

国内最大の医薬品原料展『CPhI Japan』をはじめ、『ICSE Japan(アウトソーシング)』『bioLIVE Japan(バイオ医薬品)』『InnoPack Japan(DDS・医薬品包装)』『P-MEC Japan(機器・装置)』をテーマとした7つのテーマイベントを製薬産業の一大拠点、大阪にて開催します。
2011年以来、大阪では2回目となる今回の開催では国内外から約300社の出展社と100を超えるセミナーを開催し、関西を中心に関東、中部、北陸、四国、中国地方など全国から製薬業界関係者が集う2020年における同業界最大級の規模のイベントになります。



テーマ別イベント一覧

  • 展示会

    国内外から医薬品原料のサプライヤーをはじめ、DDS、バイオ、機器・装置など医薬品開発のための製品、技術、サービスが集結

  • セミナープログラム

    規制、市場動向から革新的な医薬品を開発のための技術、製品紹介まで100を超えるセミナープログラムを開催

  • マッチメイキング

    医薬品開発のための製品、技術を持つ出展社を事前にチェックし、効率よく商談、製品展示をご活用いただくためのマッチングシステム

『国際医薬品開発展』が選ばれる理由

医薬品の研究、開発、製造をサポートする5つのテーマイベントを同時開催
  • ■原料、バイオ、DDSなど7つのテーマイベントを同時開催
    ■国内外から
    約300社の原料、受託、機器メーカー等が出展
  • ■購買、研究、開発、製造部門を中心に約10,000人が来場
    ■アジアを中心に海外からも多数の製薬業界関係者が来場
    ■規制、市場、技術動向など100を超える業界セミナーを開催
    ■遺伝子、細胞医療など最新トレンドを採り入れたセミナーの開催

メルマガ購読【無料】

イベントの
最新情報を配信!