PROJECT FUKUSHIMA  プロジェクト福島

今、福島が取り組む最新プロジェクトを紹介

今年ジャパンライフサイエンスウィーク 2019に誕生する「プロジェクト福島」。

⽇本の重要な医薬品、医療機器の開発・製造拠点として多くの関連企業が事業展開をしている福島の”今”と”可能性”を、セミナーを通じて国内外に伝えることで、ライフサイエンス業界の更なる発展を⽬指します。

  • ●福島に拠点を持つ企業の事業を推進
  • ●医薬品、医療機器関連企業の誘致・集積
  • ●福島発の医薬品の創出を推進

●日程:2019年3月20日(水)

●会場:東京ビッグサイト会議棟 605号室


FU-02 12:30 - 13:50

ふくしま医療機器クラスターの現状と課題、今後の展望

福島県産業創出課医療関連産業集積推進室(福島県立医科大学駐在)
医産連携プロジェクトマネージャー
石橋 毅 氏

福島県では、2005年から福島県立医科大学、日本大学工学部、ジョンソン・エンド・ジョンソン須賀川事業所、会津・白河オリンパスなどの集積を核としつつ、地元企業による医療機器メーカーへの部材供給やOEM生産を支援し、医療機器産業のクラスター化を促進してきた。東日本大震災後は、ふくしま医療機器開発支援センターを中核に開発から事業化までの一体的支援体制へ。これまでの経過と課題、今後の展望について言及する。

 

FU-03 14:20 - 15:40

福島コレクションの創薬への活用

(大)福島県立医科大学 医療-産業トランスレーショナルリサーチセンター 教授
高木 基樹 氏

福島医薬品関連産業支援拠点化事業では、生体由来試料から創出した加工試料およびそれらの解析情報を「福島コレクション」と名付け、これらを活用することで製薬企業や検査・診断薬企業の医薬品等の開発を支援している。本講演では「福島コレクション」の創薬への活用事例を紹介する。

 

セミナー聴講申し込み【無料】はこちら

 

 

プロジェクト福島およびジャパン ライフサイエンス ウィーク 2019につきましてご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。

【お問い合わせ】

UBMジャパン株式会社

101-0044 東京都千代田区鍛冶町1-8-3 神田91ビル2F

TEL : 03-5296-1020 / FAX : 03-5296-1018 / Email: visitor@cphijapan.com