出展のメリット

2018年は約2万人の関係者が来場。
2019年はさらに集客力を強化して開催!
日本の製薬業界と世界を結ぶ国際展示会です。

本イベント3つの特徴

1. 出展の目的とメリット

運営事務局では各社の目的に合致した最適なプロモーション方法をご提案しておりますのでお気軽にご相談ください。

主な出展メリット

  • 新規顧客とのコンタクト
  • 既存顧客との商談
  • 企業・製品のブランディング
  • 新製品・技術・サービスの紹介
  • マーケティング/市場調査

2. 国際ネットワーク構築の場

UBMグループがロシア、トルコ、韓国において毎年開催している医薬品の研究・開発・製造の ための業界専門展です。また、2017年からは米国での開催が決定しており、 世界の主要マーケットを包括する国際的なネットワークとUBMジャパングループのヘルスケア ビジネス部門の連携により、国内外から製薬業界関係者が集結する仕組みを構築しています。

2019年来場者見込み
23,000名

3. 高い専門性と相乗効果

「原料」、「受託サービス」、「機器、装置」、「バイオテクノロジー」、「DDS/パッケージング」、「最終製剤」、「ITの活用」を対象とした専門性の高い7つの展示会の明確なテーマ設定は、それぞれのターゲットにあった高質な来場者の誘致の最大の理由となっているとともに、その来場者プロモーションにおいて相乗効果を発揮しており、出展社にとっての最も効率の良いプロモーションの場を提供します。

数字で見るCPhI (2018年結果)

CPhI出展社/来場者のコメント (2018年結果)

来場者誘致活動

150を超えるセミナープログラムを併催!高質な来場者誘致を実現します。

展示会に併催される150を超える業界セミナーは、本展示会に質の高い来場者を誘致するための大きな魅力の一つとなっています。1講座500名を収容可能な基調講演・特別講演の会場をはじめ、セミナールームは、展示会場内に設置されており、展示会とセミナーの一体化を図っています。