CPhI Japan 2020 東京

製薬業界の未来を創造する国際ネットワーキングイベント

革新的な新薬の開発からグローバル化など製薬業界を強力にサポート

『国際医薬品開発展』は2002年に日本での初開催をスタートした国内最大の医薬品原料展『CPhI Japan』を始めとして、「アウトソーシング」「バイオ医薬品」「DDS・医薬品包装」「漢方・生薬」「機器・装置」「最終製剤」をテーマとした7つのイベントの開催を通じて製薬産業の活性化を促進しています。本展では毎年、世界30ヵ国・地域から約600社の出展社が医薬品開発、製造をサポートする技術、製品、サービスを出展する他、業界団体等による規制、市場展望から有力企業による最先端技術、アカデミアの研究シーズの発表など3日間の会期中に約200のセッションを展開します。
 さらにデジタル・ITをテーマとした『ファーマIT&デジタル エキスポ』および新素材開発をテーマとした『ファインケミカルジャパン』を同時開催することにより、製薬・化学産業の関係者に効率の良い商談や最先端の製品や技術情報を入手する場をご提供しています。

 

 

テーマ別イベント一覧

製薬業界関係者に『国際医薬品開発展』が選ばれる理由

医薬品の研究、開発、製造をサポートする7つのテーマイベントを同時開催
  • ■原料、バイオ、DDSなど7つのテーマイベントを同時開催
    世界約30ヵ国から約600社の原料、受託、機器メーカー等が出展
  • ■製薬メーカーの研究、開発者を中心に約20,000人の業界関係者が来場
    ■アジアを中心に海外からも多数の製薬業界関係者が来場
    ■規制、市場、技術動向など200を超える業界セミナーを開催
    ■遺伝子、細胞医療など最新トレンドを採り入れたセミナーの開催

メルマガ購読【無料】

イベントの
最新情報を配信!