CPhI Japan 2020
医薬品原料展

ジャパンライフサイエンスウィーク

製薬業界の未来を創造する国際ネットワーキングイベント

グローバル化への対応、競争力UPなど製薬業界を強力にサポート

 次回開催では、2002年に日本での初開催をスタートした医薬品原料展『CPhI Japan』を始めとして、新たに、”生薬・漢方”をテーマとした『NEX Japan』を含めて過去最大となる7つのテーマイベントを「国際医薬品開発展2020」として開催いたします。次回開催では過去最大級の規模となる世界30ヵ国・地域から約600社の出展社が医薬品開発、製造をサポートする技術、製品、サービスを出展する他、業界団体等による規制、市場展望から有力企業による最先端技術、アカデミアの研究シーズの発表など3日間で約200のセッションを実施します。
 また、『バイオファーマジャパン』では、グローバルで展開しているバイオ医薬品の開発、製造のための「人材育成プログラム」を開催します。
 さらに同時開催展として、デジタル・ITをテーマとした『ファーマIT&デジタル エキスポ』および様々な化学産業向けに新素材開発をテーマとした『ファインケミカルジャパン』(主催:UBMジャパン株式会社)も前回より規模を拡大して盛大に開催致します。是非、年に一度のこの機会をお見逃しなく、世界のサプライヤーとの情報交換、商談から最新情報の入手に至るまで本展をご活用いただきたく、主催者一同、製薬関係者の皆様のご来場をお待ちしております。

 

国際医薬品開発展2020 全プログラム一覧&参加方法

約600社が出展する展示会と市場動向や技術を紹介するセミナー約200講演を開催

(下記の各メニューからプログラム詳細&申し込みページにリンクしています)

   

   

   

2月1日サービス開始
   

国際医薬品開発展2020 テーマ別イベント一覧

『国際医薬品開発展』2020年開催の特徴

合成、バイオから漢方領域に至るまで医薬品の研究、開発、製造をサポートする7つのテーマイベントを同時開催
  • ■過去最大となる7つのテーマイベントを同時開催
    世界約30ヵ国から600社の原料、受託、機器メーカー等が出展
  • ■製薬メーカーの研究、開発者を中心に約20,000人の業界関係者が来場
    ■アジアを中心に海外からも多数の製薬業界関係者が来場
    ■規制、市場、技術動向など200を超える業界セミナーを開催
    ■7つ目のテーマイベントとして『生薬・漢方素材エキスポ』を新設
    ■遺伝子、細胞医療など業界ニーズを反映したセミナーを多数開催

メルマガ購読【無料】

イベントの
最新情報を配信!