同時開催展

国際医薬品開発展を構成する7つのテーマイベント

 医薬品原料をテーマとした国際トレードショーとしてスタートした「CPhI Japan(シー・ピー・エイチ・アイ)」は、2002年の日本初開催以来、市場ニーズに応えるべくそのテーマを「医薬品原料」のみならず、「受託サービス」、「原料開発のための機器・装置」、「バイオファーマ」、「パッケージ技術・DDS」、そして「FDF最終製剤」にまで拡大し、次回開催ではさらに「生薬・漢方」をテーマとしたイベントを新設することが決定し、今日では毎年、約600社の出展社と2万人以上の業界関係者が集結する包括的な「国際医薬品開発展」に成長しています。
 また、2019年開催からは新たな併催展として製薬向けのデジタルヘルスをテーマとした「ファーマIT&デジタルエキスポ」が誕生し、業界のニーズやトレンドへの取り組みを積極的に行っています。

 

ジャパンライフサイエンスウィークとは

 7つの国際医薬品開発展は、2016年の開催より、同じくインフォーマ社が開催しているMEDTEC Japanなどの医療機器開発のための国際展示会とともに、ライフサイエンス産業を包括する国際イベント『Japan Life Science Week / ジャパンライフサイエンスウィーク』として東京ビッグサイトにて開催しています。

 2017年には、化学業界の新素材と技術に焦点をあてた国際イベント「ファインケミカルジャパン」も誕生。製薬・医療機器・化学をはじめ、これからの日本経済を牽引する重要産業であるライフサイエンス分野のための14の展示会を、統括する一つのイベント名のもとに同時開催することで、それぞれの専門性を維持しながらも、業界の垣根を越えた新たなビジネスチャンスの創造を図っています。

公式サイトはこちら