CPhI Japan 2021

 

新薬開発、ジェネリック、バイオ医薬品向けの原料調達のための

国内最大の医薬品原料展

国内最大の医薬品原料展として、新規取引先の発掘、既存の取引先との商談の場として認知されている本展は次回開催で19回目を迎えます。近年、医療財政の悪化による薬価の抑制など製薬企業を取り巻く環境は厳しさを増しており、画期的な新薬の開発、コスト削減、外部企業とのパートナーシップ、グローバル化の推進など様々な課題を抱えています。
次回開催では、コロナウイルスの影響を考慮して、日本企業および日本に拠点を持つ外資の原薬メーカー、商社を中心にオンサイトでの展示、商談会を行い、海外サプライヤーはオンライン展示会、商談への多数参加する予定です。

 

出展品目例(原薬、中間体、添加剤)
API、抗酸化剤、サイトカイン、プロスタグランジン、ペプチド、キラル中間体、植物・動物抽出物、色剤および色剤分散剤、カプセル材、甘味料、増粘剤、抗菌保存剤、香料、固化剤、可溶化剤、錠剤結合剤、錠剤崩壊剤、溶剤、塗布剤、乳化剤/可溶化剤、粉末流動促進材、マイクロカプセル化他、医薬品向け原料 

来場対象者
製薬企業(購買・調達、創薬、CMC、合成、プロセス開発、製剤開発・製造、他)、商社・流通(医薬品原料)


 

イベントプログラム( CPhI Japan)

展示会

国内の原薬、中間体、添加剤メーカー、世界各国にネットワークを持つ原料商社が新薬開発、ジェネリック医薬品向けの原料供給、バイオ医薬品原料をご紹介します。
日本からは約150社のサプライヤーが出展を予定しているほか、海外からもオンラインを中心に多数の出展を見込んでいます。
(2021年2月中旬 出展社情報を公開予定)

パビリオン

国内の主要原薬メーカーが加盟する日本医薬品原薬工業会、医薬品添加剤の国内における供給をサポートしている日本医薬品添加剤協会パビリオンを設置し、商談や新規原料を発掘する場をご提供いたします。
(2021年2月中旬 出展社情報を公開予定)

セミナー/プレゼンテーション

新製品、技術、サービスの発表を行う出展社プレゼンテーション、業界団体、キーパーソンをお招きして開催する原料調達・供給をテーマとしたシンポジウム、プロセス化学、医薬品添加剤の自主基準など原薬、中間体、添加剤の研究、開発、調達や製剤開発に関わる方は必見のセミナーを多数開催いたします。
(2021年2月中旬 公開予定)

ビジネスマッチングシステム(無料)

創薬から開発、商業生産等の段階別、がん・免疫等の疾患ベースなど製薬企業を中心としたご来場者の皆様が抱える課題に対応できる出展社を事前にリサーチして商談や製品・技術の説明機会をセットアップするためのシステムです。
(2021年3月上旬から利用開始)

 

 

インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社
(2020年4月、UBMジャパンより社名変更)
E-mail : promotion@cphijapan.com
TEL : 03-5296-1020