bioLIVE Japan 2022

 

抗体医薬から核酸・ペプチド、細胞・遺伝子治療までバイオ・再生医療製品の研究・開発・製造をサポートする専門イベント

 今日では世界の医薬品売上高トップ10の半数以上をバイオ医薬品が占めており、今後も多くの製薬メーカーが積極的にバイオ医薬品の開発に取り組んでいくことが予想されます。特に、バイオ医薬品は希少疾患、難病の治療薬として活用及び今後の新薬開発が期待されている一方、従来の低分子医薬とは異なる研究、開発、製造における専門的な知識や経験、ノウハウが必要なため、設備投資、アウトソーシングをするためのパートナーの選定、人材確保・育成など製薬企業は様々な課題を抱えています。
また、近年では細胞医薬品、遺伝子治療等の再生医療やペプチド、核酸医薬品などの中分子医薬品にも期待と注目が集まっており、次回開催ではこれらの新しいモダリティと言われる領域を含めて展示会、セミナーを通じて最新技術をご紹介いたします。

 

出展品目例

バイオ医薬品原薬の受託製造、遺伝子組み換え技術、タンパク質抽出・精製・分離、タンパク質・ペプチド合成、動物細胞・微生物の培養、動植物由来・天然原料、抗体・抗体作製、研究用試薬、動植物由来・天然原料、抗体・抗体作製、研究用試薬、精製受託サービス、細胞培養装置・機器、Biological Clean Room、インキュベータ、自動培養装置、顕微鏡、培地、培養容器、評価キット、微生物測定/無菌検査キット、マイコプラズマ測定キット、製品・細胞の輸送、他

来場対象者

製薬企業のバイオ医薬品の研究、開発、製造担当者、バイオベンチャー、公的研究機関、アカデミア、他

 

 

イベントプログラム( bioLIVE Japan )

 

展示会

バイオ原薬・製剤のCMO/CDMOを始めとした受託サービスをはじめ、研究、生産部門向けの装置、機器などバイオ医薬分野において多数の実績を持つグローバル企業、国内の有力企業が出展します。

 

セミナー/プレゼンテーション

抗体医薬をはじめ、新たなモダリティと言われる核酸、ペプチドなどの中分子医薬品、細胞医薬、遺伝子治療まで最新動向や未来展望を語るセミナーと最新の技術をご紹介するプレゼンテーションの2部構成で開催します。

ビジネスマッチングシステム(無料)

貴社の戦略に応じた適切なパートナーを発掘するために製品、技術、受託サービスの国内外の有力サプライヤーを事前にリサーチし、商談をセットアップするためのシステムです。
次回開催では、イベント会場内での商談はもちろん、海外企業とのオンラインtoオンラインでのマッチングも予定しています。

 

インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会
E-mail : promotion@cphijapan.com
TEL : 03-5296-1020